nagoooya(なごーーや)

このブログは30代サラリーマンが名古屋で生きる日々をつづったブログである。(予定)

子どもが苦手なパパに教えたい!『赤ちゃん』子育て三種の神器

f:id:greenrhinos:20170118235524p:plain

こんばんは、息子大好き緑色サイ太です。

この前の出産準備リストの話の続編です。
今度は実際に赤ちゃんと接する時に役に立ったもののお話。

友達は子ども大好きだからあんまり参考にならないかなー?

赤ちゃんに効果的、子育て三種の神器

実は僕、子どもが苦手だったんです。
小さい子どもとか赤ちゃんに接する機会があっても避けてました。

でもやっぱり我が子は違いますね。
可愛くて可愛くて(*´ー`*)

それでも育児始めの頃は今まで接していなかった分もあって、何かと不慣れで・・・
そんな赤ちゃん、子どもが苦手だった僕がとにかく助かった三種の神器と言っても過言ではないアイテムを紹介します。

メリー

ママの存在に敏感で、お風呂や買物など、ちょっと同じ空間にいないのが分かると号泣してました。
そうなると僕が抱っこしてよしよししても、もうダメ・・・

そんな時は、メリーが大活躍でした!
スイッチを押して、音楽と共にぷーさんとかが回転するとニコニコと笑ってくれましたε-(´∀`; )

本当に助かった。
とりあえずミルクでもオムツでもない場合は、ほぼメリーで笑ってくれました。

成長に合わせて、組み替えられるので、長い間使えたもの良かったです。
ちょっと大きくなってからは、自分でボタンを押して、お気に入りの曲を再生してましたよ(@_@;)

バウンサー

バウンサーに乗せて、揺らすと、ニコニコとゴキゲンでした。
そう長いことは乗せていられないので、時々やるのがいいんですよね。

ハイハイするようになってからは特に、ちょっと何かをする時(洗濯物を干したり、食器を洗ったり)には、バウンサーに乗せてけば安心。

1歳過ぎまで使えましたが、自分で乗り降りすることが出来るようになってからは飽きたみたいでした。

あ、すごい泣いてる時とかは揺らすと余計に泣いてダメでした(´・ω・`)

抱っこひも

最初の頃、抱っこ慣れしてないので、すぐに腰が痛くなるんですよね。
友達やパパ友からも聞いたことがあるので、割と新米パパあるあるな気がします(笑)

外を移動する時は、しっかりと抱いておかないと危ないので、抱っこ紐必須です!
出産祝いにエルゴの抱っこ紐をもらったので、それしか使った事ありませんが、しっかりと固定されて腰の痛みも軽減されます。

初めて抱っこして、散歩に出かけ、途中から息子がすやすやと眠った時は、ホント幸せでした。

僕は抱っこだけでしたが、おんぶにも使えます。
妻は抱っこより、おんぶ派でした。

あと、汗をかいたり、お漏らししたりすると洗濯が必要なので、何本かあると良いかも。
さすがにエルゴは買いたせなかったので、妻のリクエストでおんぶ専用の紐を2本ほど買い足しました。

まとめ

メリーとバウンサーは1歳過ぎまで、抱っこ紐は2歳過ぎぐらいまで活躍してました!

この3つのおかげで、相当助けられたと思います。
そして、息子と二人で、より楽しい時間を過ごせた気がします。