nagoooya(なごーーや)

このブログは30代サラリーマンが名古屋で生きる日々をつづったブログである。(予定)

フィギュア好きなら行くしかない!「GO!GO!海洋堂展 ~創立 55周年記念展~」を見てきました!

f:id:greenrhinos:20190707094002j:plain

緑色サイ太です。

海洋堂と言ったら何を思い浮かべますか?
僕は関節をカチカチ動かすのが楽しいリボルテックと精巧なカプセルフィギュアのイメージが強いです。

そんなフィギュアメーカーの「海洋堂」の誕生から55年の記念展が名古屋パルコで開催されてます!

すごく完成度のフィギュアに集めたくなる食玩、かっこいいジオラマも見れて、ホビー好きにはたまらない展示の数々。
物販も充実していて、ガチャガチャもたくさんありましたよ!
お土産も買って、家で一人盛り上がり、最高です。

GO!GO!海洋堂展」見てきました!

GO!GO!海洋堂展 ~創立 55周年記念展~

場所は名古屋パルコ
西館6階のパルコギャラリーで開催されてます。

開催期間は、2019628日(金)~715日(月)まで。
今度の3連休もやってます!!

開場時間は、10:0021:00で、入場は閉場の30分前までみたいです。

入場料は、一般 800円、小人 600円で、3歳以下は入場無料

会場は写真撮り放題です。
フィギュア見放題、撮り放題、最高です。

海洋堂展

f:id:greenrhinos:20190707094007j:plain

入り口には、『北斗の拳』の「ケンシロウ」
でかい、ごつい、かっこいい!!

入口でチケットを購入して、中に入ります。

f:id:greenrhinos:20190707094013j:plain

進むと「綾波レイ」のフィギュア。

f:id:greenrhinos:20190707094019j:plain

そして、海洋堂の歴史の紹介のボード。

僕が海洋堂をふれたのは2006年のリボルテックシリーズあたりでしょうか。

と、思い返してみたら、高校の時に友達と集めた「北斗の拳バイオレンスヴィネット」も調べたら海洋堂でした。
実家にまだ飾ってあるはず。

海洋堂の歴史の始まりの木刀も飾ってありました。
「うどん屋」か「プラモ屋」にするか木刀の倒れた向きで決めたそうです。
知らなかった。

f:id:greenrhinos:20190707094024j:plain

海洋堂といえば、戦艦のイメージも強いです。

f:id:greenrhinos:20190707094030j:plain

見てるだけでうっとりするようなクオリティのフィギュアたち。

f:id:greenrhinos:20190707094035j:plain

「ガオガイガー」とかかっこよすぎませんか。

f:id:greenrhinos:20190707094042j:plain

北斗の拳」の展示もありました。 

f:id:greenrhinos:20190707094048j:plain

北斗の拳のフィギュアも海洋堂のイメージが強いです。 

f:id:greenrhinos:20190707094054j:plain

本当にどのフィギュアもクオリティが高くて。

f:id:greenrhinos:20190707094100j:plain

一部だけ紹介してますけど、ぜひ肉眼で見て楽しんでほしいですね。

f:id:greenrhinos:20190707094107j:plain

食玩の紹介も。

f:id:greenrhinos:20190707094113j:plain

この宇宙飛行士のフィギュアとかすごく好き。

f:id:greenrhinos:20190707094118j:plain

並べられると集めたくなります。

f:id:greenrhinos:20190707094123j:plain

戦車もサイズ感がわからなくなるぐらい精巧です。

f:id:greenrhinos:20190707094129j:plain

面白い展示が、階段の床に設置されたジオラマ。

f:id:greenrhinos:20190707094136j:plain

上から眺めるジオラマはあっても床に埋め込まれたジオラマは初めて見ました。

f:id:greenrhinos:20190707094145j:plain

ジオラマコーナーで、ゴジラ

f:id:greenrhinos:20190707094151j:plain

ドクロマン。少し持ってますけど、このサイズでむちゃくちゃ動くんですよね。

f:id:greenrhinos:20190707094157j:plain

モゲラ。

f:id:greenrhinos:20190707094203j:plain

ポケモンのフィギュアも作ってたんだ、と驚きの展開の幅広さ。 

f:id:greenrhinos:20190707094208j:plain

「フィギュアができるまで」の展示。
塗装だけでもこんなに段階が!!それで数百円のカプセルに入ってるってすごくないですか?

f:id:greenrhinos:20190707094215j:plain

サイ好きにはたまらない質感のインドサイのレジンキャストキット。 

f:id:greenrhinos:20190707094220j:plain

本当にいろんな展示が楽しめます!

f:id:greenrhinos:20190707094225j:plain

製作現場の展示。

f:id:greenrhinos:20190707094231j:plain

机の上のものの配置とか、

f:id:greenrhinos:20190707094236j:plain

メモ書きの感じとかたまらんです。

f:id:greenrhinos:20190707094242j:plain

でっかいダンボーもいました。

f:id:greenrhinos:20190707094248j:plain

ダンボーいっぱい。 

f:id:greenrhinos:20190707094255j:plain

気になったのは、「デジタルガレージキット」の展示。 

f:id:greenrhinos:20190707094300j:plain

モデリングソフトや過去の作品を3Dスキャンした原型で、サイズ変更が自由自在とか。

f:id:greenrhinos:20190707094306j:plain

ガチャーネンの展示もありました。いろいろありますね。

f:id:greenrhinos:20190707094311j:plain

リアルなシンゴジラ。

f:id:greenrhinos:20190707094316j:plain

むちゃくちゃ広い会場というわけではないですが、海洋堂の歴史がギュッと詰まった展示でした。

f:id:greenrhinos:20190707094321j:plain

最後に海洋堂センム(宮脇社長)で、展示は終了です。

f:id:greenrhinos:20190707094328j:plain

海洋堂ショップの販売コーナーも幅広い品揃え!

f:id:greenrhinos:20190707094335j:plain

リボルテックもたくさんありました!

f:id:greenrhinos:20190707094341j:plain

海洋堂55、出川哲朗55という55つながりコラボ。

f:id:greenrhinos:20190707094346j:plain

会場の外に「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」のコラボショップもありました。

f:id:greenrhinos:20190707094353j:plain

ガチャガチャもたくさんありました。

f:id:greenrhinos:20190707094358j:plain

高知、京都、沖縄、大阪とご当地フィギュアのカプセルも多々。
名古屋か愛知のもあったら回したのに。

戦利品

記念にカプセルを回してきました。

f:id:greenrhinos:20190707094451j:plain
会場以外でも買えますけど、ガチャーネンの2.0

f:id:greenrhinos:20190707094456j:plain

出たのは、FIREBALL SGのリンドグリーンってやつ。
そのうち作ります!

f:id:greenrhinos:20190707094404j:plain

あと、「海洋堂がいっぱいフィギュア詰め合わせです。

f:id:greenrhinos:20190707094410j:plain

開けると5つのフィギュアが!!
めっちゃワクワクする!

f:id:greenrhinos:20190707094416j:plain

手前の左側のハムスターフィギュアコレクションからは、「ゴールデンハムスター」のアルビノ。かわいい。

f:id:greenrhinos:20190707094420j:plain

赤い小さい袋からは、土佐弁キャラクターストラップ「いられ」
短期でせっかちの意味だとか。

f:id:greenrhinos:20190707094424j:plain

青い大きな袋は、不思議の国のアリスの「アオムシ」

f:id:greenrhinos:20190707094429j:plain

黄色い大きな袋から「消防ヘリコプター」と「消防士」のセット。

f:id:greenrhinos:20190707094434j:plain

この精巧さ。

f:id:greenrhinos:20190707094439j:plain

そして、戦車。

f:id:greenrhinos:20190707094445j:plain

いろんなフィギュアが5も入って、まるで福袋のようなワクワク感を味わえました。

まとめ

ミニチュア、模型、ジオラマなどなど、フィギュア、ホビーが好きにはたまらない海洋堂展でした!

いつか、高知の「海洋堂 ホビー館 四万十」にも行ってみたいです!

GO!GO!海洋堂展 ~創立 55周年記念展~

会 場
名古屋パルコ西館6階 パルコギャラリー

会 期
2019年6月28日(金)~7月15日(月・祝)18日間

時 間
10:00~21:00 ※入場は閉場の30分前まで