nagoooya(なごーーや)

このブログは30代サラリーマンが名古屋で生きる日々をつづったブログである。(予定)

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」を大阪文化館・天保山でも観てきました!

f:id:greenrhinos:20181124194014j:plain

こんばんは、緑色サイ太です。

8月の「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」東京会場に引き続き、予告通り、大阪会場にも行ってきました!!
しかも今回は通常開催に先駆けてのプレビューデイに当選!

選ばれし者の集いかと思ったら、すごい人の数で、なかなか予定通りにいきませんでしたが、やはり原画のパワーはすごい!!

ちょっと大阪に慣れてなくて予定通りとはきませんでしたが、大阪でジョジョを楽しんできましたよ!

「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」<大阪会場>大阪文化館・天保山

8月の東京会場は最高でした。

www.nagoooya.com

www.nagoooya.com

そして、今回大阪!
昔、出張でちょくちょく大阪に行ってましたが、新大阪駅付近でほぼ完結。なので、大阪はほぼ未体験でした。

名古屋からは、新幹線、在来線、高速バス、近鉄と移動手段が様々あります。
今回は近鉄のアーバンライナー(特急列車)で移動

f:id:greenrhinos:20181124194015j:plain

特急券は事前にネットで購入(名阪チケレス割)したため、通常よりも900円お安く、3,360円で大阪(鶴橋)まで行けました。
2時間ぐらい乗りますが、シートは広めで快適でした。

大阪について、地下鉄で移動。
地下鉄(Osaka Metro)で移動は、1日乗車券「エンジョイエコカード」がお得でした。

f:id:greenrhinos:20181124194016j:plain

大人 800円(土日祝なら600円!)、小児 300円でOsaka Metro・大阪シティバス全線が1日乗り放題です。

まずは、OWSON

まずは、なんばへ移動。
初めての街なので、うろうろしつつも、OWSONを探します。

商店街の中に突然「OWSON

f:id:greenrhinos:20181124194017j:plain

東京の時と同じく、タオルやTシャツ、アクリルスタンドなどが売ってました。

f:id:greenrhinos:20181124194018j:plain

ちなみに原画展の平日券を持っていけば「オリジナルOWSONポストカード」がもらえるみたいです。

オーソン 大阪

ローソン なんば千日前通
〒542-0074 大阪府大阪市中央区千日前2‐8‐17

ばっちりOWSONも見れたので、移動。
というか、なんばの街は人がすごいですね、多い。観光客、外国人、すごく人だらけでした。

うろうろしてたら、たまたま「なんばグランド花月」の前を通るっていう。

f:id:greenrhinos:20181124194019j:plain

そのうちまた大阪に遊びにきた時には寄ってみたい所。

大阪文化館・天保山へ

続いて、原画展の会場へ。地下鉄で「大阪港」駅まで移動しました。
会場の「大阪文化館・天保山」の隣には、世界最大級の水族館である「海遊館」が。

f:id:greenrhinos:20181124194021j:plain

観覧車もあってすごいです。

f:id:greenrhinos:20181124194020j:plain

今度、息子を連れて、来てみたい。

f:id:greenrhinos:20181124194022j:plain

とりあえず、昼飯。大阪来たし、たこ焼きを・・・。

そして、会場へ

美術館自体に大きな垂れ幕で、ジョジョを宣伝。

f:id:greenrhinos:20181124194023j:plain

会場は、まさにJOJO、荒木飛呂彦原画展一色な感じです。

f:id:greenrhinos:20181124194024j:plain

14時の回のチケットで、1410分ぐらいに入場の列に並び始めましたが、並ぶ並ぶ。行列がすごかったです。

f:id:greenrhinos:20181124194014j:plain

プレビューデイがすごいのか、休日だからなのか、結局、中に入れたのは15時前でした。
ちなみに列は一階だけじゃない!エスカレーター上がった後も大行列でした。

チケットと引き換えに黒い封筒プレビューデイの来場記念品をもらいました。

そして入り口で音声ガイドが借りれます。

f:id:greenrhinos:20181124194025j:plain

値段は550と東京展と同じ、内容も同じかと思えば、展示の順番に合わせてリストの順番が変わってます。
東京の時とは内容も微妙に違うっぽかったです。

大阪展の音声ガイドリスト
  1. ウェルカムメッセージ
  2. 【宿命の星 因縁の血】
  3. 週刊少年ジャンプ 1991年 第24号★
  4. 【ハイ・ヴォルテージ】
  5. 展覧会公式ビジュアル
  6. 週刊少年ジャンプ 1999年 第11
  7. 主人公とライバルの条件
  8. ジャンプスクエア 2016 1月号★
  9. 【スタンド使いはひかれ合う】
  10. 超能力を表現するには
  11. 【映像展示作品 AURA
  12. 【JOJO's Design
  13. SPUR 2013 2月号★
  14. 【新作大型原画『裏切り者は常にいる』】
  15. ファンタジーと日常との融合
  16. エピローグ ~30年の集大成と、これから

★が付いている3つが東京展の時にはなかったものです。

やはり、荒木先生ご本人の声で解説を聞けるのはすごい贅沢なので、ぜひおすすめ。

入場

会場のイメージは、パンフレットの説明画像を。

ジョジョクロニクル

メインの展示会場に行くまでの通路に「ジョジョクロニクル

f:id:greenrhinos:20181124194026j:plain

宿命の星 因縁の血

主人公とライバルの対比「宿命の星 因縁の血

f:id:greenrhinos:20181124194027j:plain

カラーの原画が東京の時と変更されてました!!
42巻の仗助とか、SBR16巻のあの青色とか、すごく良い!!

ハイ・ヴォルテージ

大阪会場では展示の順番が違うので、ここで、「ハイ・ヴォルテージ」!!

f:id:greenrhinos:20181124194028j:plain

素晴らしく熱いシーンを集めた展示も、会場の都合か、東京ではあった146部を除いての展示。
ちょっと残念でした。

スタンド使いはひかれ合う

奥に進み、部屋が変わり「スタンド使いはひかれ合う

f:id:greenrhinos:20181124194029j:plain

今回もスタンドを表現した彫刻作品も同時に展示されてました。

映像展示 AURA〈アウラ〉 

映像展示は東京の時と同じ。

f:id:greenrhinos:20181124194030j:plain

何回見てもクオリティの高い映像に鳥肌が立ちます。

ジョジョリロン

一つ上の階へ上がると「ジョジョリロン

f:id:greenrhinos:20181124194031j:plain

生のキャラクター身上調査書、ラフスケッチやネーム原稿などが見れます。

JOJO's Design

グッチとのコラボなどカラー原画を集めた「JOJO's Design

f:id:greenrhinos:20181124194032j:plain

こちらも東京とは違う展示で見応え十分。すごい。

裏切り者は常にいる

最後に大型新作原画「裏切り者は常にいる

f:id:greenrhinos:20181124194033j:plain

会場の配置的に東京では左側の徐倫一番最初に目に入ったのが、大阪では逆に右側のカーズから。
逆の順番で見ると新しい部分も見えてきて非常に面白い、やっぱりすごいなこの12枚。大きさの、絵のパワーが違う。

そして、終了。
音声ガイドを返し、下に降りる手前で、トイレの案内がジョジョ立ちしてました。

f:id:greenrhinos:20181124194034j:plain

下に降りると、ジョジョスマホの宣伝コーナー。

f:id:greenrhinos:20181124194035j:plain

この背面かっこいいな。

f:id:greenrhinos:20181124194036j:plain

東京では注文用紙に数量を書いてレジに行くシステムでしたが、大阪では直接商品をカゴに入れてレジに行くシステム。
大阪限定の商品も増えてました。

じっくり、たっぷり見て、お土産も買い、会場を5時に出ました。
目と腰が疲れた。

荒木飛呂彦原画展 大阪会場

大阪文化館・天保山
〒552-0022 大阪市港区海岸通1-5-10

メルセデス ミー

移動、今度は梅田へ。
駅から数分歩いて、「メルセデス ミー 大阪」へ。

f:id:greenrhinos:20181124194037j:plain

店舗がジョジョ仕様になってます。

側面には、ジョルノと徐倫。

f:id:greenrhinos:20181124194038j:plain

ジョニィと定助。

f:id:greenrhinos:20181124194039j:plain

そして、こちらでもMercedes-Benz C-Class JOJO concept「ドドドカー」!

f:id:greenrhinos:20181124194040j:plain

「ミニ・ドドドカー」もありました。

f:id:greenrhinos:20181124194041j:plain

隣にはジョジョがディスプレイされてたり。

f:id:greenrhinos:20181124194042j:plain

メルセデス ミー 大阪の「DOWNSTAIRS COFFEE」限定メニュー、「ゴールド・エクスペリエンス・ソーダ」と「ズキュウウゥン・ラテ」もありましたが、すごい行列&帰りの電車の時間があり、断念。残念。

f:id:greenrhinos:20181124194043j:plain

もうちょっと計画的に動けば良かったなと。

Mercedes me Osaka

メルセデス ミー 大阪
〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3番1号
グランフロント大阪 ナレッジキャピタル1階

戦利品

まずは、来場記念証。

f:id:greenrhinos:20181124194044j:plain

黒い封筒がかっこいい。

中身は大阪のキービジュアルのDIO

f:id:greenrhinos:20181124194045j:plain

裏面もかっこいい。これは良い記念品。飾ろう。 

f:id:greenrhinos:20181124194046j:plain

ショッパーは東京展と同じでした。

f:id:greenrhinos:20181124194047j:plain

大阪版の図録「公式図録 OSAKA

f:id:greenrhinos:20181124194048j:plain

大阪のキービジュアルのポストカードも買いました。

f:id:greenrhinos:20181124194049j:plain

東京の時の承太郎と並べて飾ります。

大阪限定の「『ジョジョの奇妙な冒険 Part5 黄金の風』ココジャンボマスコット

f:id:greenrhinos:20181124194050j:plain

穴を覗くとブチャラティたちが見えます。

もっといろいろと買いたかったけど、グッと我慢。
アレもコレも欲しいものだらけでした。

まとめ

東京展よりも規模は縮小されたものの、カラー原画は変更されているし、見応えもバッチリ!

大変満足な内容でした!!

一つ難点が、東京では会場とOWSON、メルセデスミーが近くにまとまってましたが、大阪では全てバラバラ。移動するのに地味に時間を使います。
行かれる際はその辺りを計画的に・・・。

東京と大阪。その間の愛知、名古屋でもやらないですかね?